inandout-2.JPG

入口與出口         入口と出口         In and Out

陳郁璇(チェン・ユーシェン)    Yuh-Shyuan Chen   2020   

我創作類型多以金屬容器為創作形貌,容器它就像是在我的週遭扮演著雕塑品的角色。不同的容器有著不同的表情與內在,它在日常生活中是一個很普通的功能,它裝載物體和保存物體,安靜地在家中的每個角落裡,但對於我來說,容器卻是可以承載著我許多的回憶與某一段事件的記憶。並且藉由容器對應人與物件之間的關係,真實與虛假、柔軟與堅硬之間的各種衝突存在。

作品造型呈現有機的質感,它們像是容器,從這裡到那裏,裝滿著每一件記憶。

わたしの創作は金属で打ち出して絞り出す回転体、いわば器が殆どである。容器はわたしの周辺を彩る彫刻的な役割を果たしてくれる。言わずもがな、異なる容器には異なる表情と内在する記憶がある。別のものを包み込んだり保存したりと、日常ではごく普通の用途を満たすだけの物であり、それらの器はただ家の片隅で静かに佇む。しかしわたしにとって容器とは、これまでの記憶、とある出来事の思い出のカケラなどをも包んでくれる。わたしは容器を介して、人と物との関係性、ないし真実と虚無、柔らかさと堅さといった衝突や矛盾の間にある、示唆に富んだ実存のような何かを掬い上げていきたい。

本展に出品したジュエリーは、シルバーを主な創作素材とした。銀特有の質感やマチエールを表現したいと思った。造形は有機的カタチをした容器のようなものばかりだ。こちら側からあちら側までの、あなたとわたしの記憶のピースがぎゅっと詰まっている。

Most of my types of creation take metal containers as the form of creation, and the container seems to play the role of sculpture around me. Different containers have different expressions and intrinsics. It is a very common function in daily life. It loads and saves objects, quietly in every corner of the home, but for me, the container can carry With many of my memories and memories of a certain event. And by the container corresponding to the relationship between people and objects, there are various conflicts between real and false, soft and hard.

 

The works in this exhibition use silver as the main material, expressing the unique texture and texture of silver.

The shape of the work presents an organic texture, they are like containers, from here to there, filled with every piece of memory.