趙永惠_暫態B2.jpg

暫態空間         臨時状態の空間      Transient Space

趙永惠(ジャオ・ヨンフェイ)    Yung-Huei Chao  2020   

每一塊鐵皮的色彩紋理是一段抽象的時間,看似靜止但是不斷前進、變化的、累積的質感,不經意產生的生活紀錄。

鐵皮如同寶石,在大自然與時間的沖壓下,產生獨特的色彩、紋理與形成。未挖掘前,它們都是隱形的,前者是人工材料經過時間累積所形成的,而後者則是大自然中形成再透過人為挖採並加工。

一枚一枚異なる色彩模様を持つ、亜鉛めっき鋼板のトタン。それは静止しているようで、常に変化を遂げながら前進する、抽象的な時間の現れである。質感の蓄積

とは、不意に記録された日常の痕跡なのだ。トタンは宝石同然に、自然や時間に揉まれることによって、独自の色彩と模様を形づくっていく。誰かに見つけてもらうまで、じっと身を潜む痕跡には、人工素材が時間と共に自然形成したものと、採掘された自然物が人為的な加工を繰り返されることで形成したものがある。痕跡を読み、痕跡は語る。

Demolished iron sheets used in building constructions are like gem stones, both inconspicuous and timeless. Material evolves and transforms through time creating its own texture and harmony.