玟妙1-3.jpg

無題  Untitled

葉玟妙(イェ・ウェンミャオ) Wen-Miao Yeh    2020   

延續對空間與情感相互聯繫的觀察,嘗試保留曾經的事物與空間感受,就像白天裡悄然閃過的反光、被拿出冰箱的冷飲、在海裡流浪的玻璃。偶然與必然的同時存在,既清晰卻曖昧た明,支離破碎又無比完整。這裡待在那裏,現在的前往過去,彼與此形成的我們。

空間と感情の連なりをかねてより考察してきたわたしは、その延長から過去の物事やとある時空間に対して生じた想いを、どうにかジュエリーをもって“密封保存”できないか試みた。例えばそれは、キラキラと輝く白昼の反射光、クーラーボックスから取り出すときの冷えた飲み物、海の中を流浪するガラスに触れたときの感覚と似ている。ここにあるものとそこにあったものが合わされば、過去は常に新しく、未来はいつも懐かしくなるだろう。偶然と必然が同時に存在するもの、明白でいて曖昧なもの、支離滅裂だけれど完成されたものたち、それらすべては絶えずわたし達を形成する。

Just like the glisten flash through someone’s mind in the daytime, the dew on the outside of the drink, the glass travel in the sea, the memories could be clear and ambiguous, undivided and shattered. Every coincidence is inevitable. Here is staying there, now is going to the past, and therefore memories brought p us.

 

Space is three-dimensional and the most important thing in my work. Human beings are visual, live in three-dimensional space and create objects from what they see in daily life. In the series, I collected the shapes in translucence and colors to interpret some moments of memories.