約束聯繫的方式

NT$280,000.00價格

作品名稱 : 約束聯繫的方式

鐵、不鏽鋼

60x60x20 cm

首飾的配戴常出現能夠套住身體的形式,配戴首飾的“美”如同雙方情感,而限制與束縛是容易被忽略的重點,因我們為了追求“美”而不自覺的被束縛,有了束縛後才有“美”的可能。即便這種束縛是讓人感到緊勒、拉扯,或是溫柔、舒適的,都還是保持彼此相互限制,呈現束縛的樣貌下,反思是否能脫離束縛,卻還保有“美”還是情感雙方“愛”的可能。

 

 

作品名 : 連絡方法について交わした約束

鉄、ステンレス

60x60x20 cm

ジュエリーを身につけるということ。まずそれは身体に装着する形態でなければならない。また「美しさ」をまとうとは、想いを通い合あわせることでもある。しかし、ジュエリーがもたらす制限や束縛を、わたし達は往々にして見落としてしまう。美を追求すればするほど、無意識ながらも何かに囚われてしまう。それと同時に束縛されるからこそ、美の可能性も生まれるのだ。このような束縛は、ときに窮屈でいて互いを拮抗してしまうものであり、またときには柔らかなで気持ちの良いものでもある。互いを拘束しつつ、束縛の容貌を保ったままの状態で、束縛から逸脱できる術、そして美しさと互いの感情がまだ「愛」である可能性を内省する。

 

 

Artwork  Title : Contact constraints

Iron, stainless steel

60x60x20 cm

The wearing of jewelry usually presents a form of physical constraint. The beauty of jewelry wearing incarnates the bilateral sentiment of the jewelry and the wearer; but the feeling of constraint and limitation is what we usually overlook. It is because of the pursuit of beauty that we ignore the feeling of constraint, but it is because of the feeling of constraint that beauty manifests itself. Strangling or dragging, gentle or comfortable, regardless of how intense the constraining relationship is, the jewelry and the wearer both remain self-restraint. The work reflects whether to escape from the constraint while sustaining the possible beauty and mutual love.